f3f0b996e768e147cc7ef4cfce89792d.jpg

▶ 東京暮らしから石巻へ

 

いしのまき演劇祭に参加させて頂ける事になったのは、

この方のおかげだ。

演劇祭の実行委員長であり、石巻劇場芸術協会代表、

まちのコンシェルジュほか、様々な 肩書きを持つ。

演劇祭にとどまらず、自ら音楽や演劇、アートの場を作る

企画「R」を主催(&主宰)し時にはエロな作品も放つ

やんちゃなお兄さんである。

 

 

石巻高校出身で、早稲田大学で演劇にのめり込んだ。

東京で演劇活動をしている中、震災をきっかけに石巻に帰郷し、

今やこの地の演劇や文化活動の中心人物となり

様々なスタイルで石巻を盛り上げている。

 

矢口さんの活動が取り上げられているインタビュー記事

ハグクミ NEXT HERO ISHINOMAKI

IMG_1182.jpg

私に三國裕子さんと小林大介さんとの3組での出演を

提案してくれたのが矢口さんであり、出演に至るまでの

事務的なアレコレやチラシやWEBの制作、

会場のセッティングだけでなく、前日の夜にセットを

手作りするお手伝い(←その涙ぐましい準備は映像にも)から

 

美味しい料理が食べられるお店も紹介してもらったりと、

その言葉通り”何から何まで”お世話になった。

矢口さんが仕事で東京に来られる度に一緒によく飲んで
よく笑った(笑)。とにかく芝居の話が尽きなかった。

コロナになってすぐに”zoom飲み”もした。

e2fee688d4154707667c4030a07e3997.jpg

↑一緒に参加したRメンバー

▶ 龍汰さんの挑戦!

ac1a17be0e9f220e9426b43332969f3f.jpg

そんな矢口さん、いや、やっぱりいつも読んでる下の名前にしよう。

龍汰(龍太と表記される場合も)さんはコロナになってまた

斬新な舞台を生み出した。その名も「ピーピングトム」”のぞき魔”

という意味が込められている。

ちょっとどなた?エッチなこと想像したの?あ、それ私、、。

が、決してR 15的な作品ではない。

113486256_3043687165751428_4330808536896

〜概要〜

「アートギャラリー「石巻のキワマリ荘」内の一部屋「jugei」

で行われる、直径4センチほどの穴から覗き見る演劇。

4畳半の限られたスペースの展示部屋を壁で塞いで閉鎖し、

その中で4つの演劇作品を上演する。

観客は一公演につき一人。上演時間は数分。

観客はひと作品ひとり。英語にするとマンツーマン。

つまり演者は四畳半の中で芝居をして、それが4センチの穴から

たった一人の人間がのぞいているのである。

3cb9efb9aec6762db6213d530396f622.jpg

​石巻日日新聞にも取材されて

うーんエロい!エロすぎる!(←私の妄想は続く)

映画「真木栗ノ穴」を思い出した。あれはたしか山本亜紀子さん

のホラー小説 『穴』が原作ではなかったか。

と私の妄想はさておき、たしかに観客1人なら3密にならない。

それどころか観客は今まで味わったことのない贅沢な

演劇体験をしただろう。

 

ストーリーの4つはどれもテイストが異なり、

観客はその数分間の贅沢を4粒味わえる。

こう聞くと見たくなりません?

なりますよね、ええなりますともさ。なんと見られるんですって。

オンライン配信もされていたというこの舞台、

本編とは別のスペシャル映像もつけてご覧頂けます。

龍汰さん、もうなんて太っ腹!

 

★ウィルチンソン (STREAMというページから)

https://www.willchinson.net/stream

 

コロナだからこそ思いつけたのか。

コロナより龍太さんのエロが勝利した企画である。

(だから真面目な作品なんだってばw)

▶ 龍汰さんの想い!

「僕は石巻は震災で一度文化を無くしたと思っています。

衣食住しか必要ない、という時期があった。

でも本当はそうじゃない、文化は必要ですって

言いたくて活動をしてきた。だからコロナ禍でも同じで

むしろそれを逆手に取りたいと思った。

そして石巻から発信したかった。オンラインで配信して

見てくれた人がこういうやり方もあるのかと

励まされてくれたらいいなと思った。

だからこそ、石巻の演劇人が出演する必要があると思った。」

と語ってくださった。

▶ コロナによる変化とこれから

今回のコロコロさんで演劇業界が大きく変わったこと

の一つに”舞台配信”があるだろう。

もちろん私は「舞台は劇場で!」派なのだが、

こうして地方の演劇人たちの作品をその地まで

行かずしても見られるようになったのは非常にありがたい。

 

コロナのせいで不自由なことばかりだけど

こんな良い進化も遂げていることは救いだ。

 

ちょっとマジメな話。

その配信でいうと、宮城県が舞台の配信に

対して補助金を出してくれるようになり

以前よりも文化と行政が一緒にやっていく体制

が整い始めたのだそう。

 

「今回なかなかお客様に届けられない現状を

目の当たりにした行政が動いてくれて

とてもやりやすくなったとも語ってくださった。

​今後のふくらむ夢・野望

61136ffef35403f571d29b5ba82288b2.jpg

龍汰さんに、今後どんなことを考えているのか聞いてみると

「劇場作りたいんですよねえ。」と劇団●季なの!と
ツッコミそうな壮大な夢が返ってきた。


石巻で使わなくなった建物を改装して地域の人との

コミュニティスペースをも兼ねられるような場所を

作りたいという。この素敵すぎる構想は近々に龍汰さんの

サイト等で発表されるようなので是非お楽しみに!

 

主宰「R」HP   https://www.r-ishinomaki.com

矢口龍汰さんFBhttps://www.facebook.com/ryuta.yaguchi.9

 

本公演で嬉しかったのが「ひとりコーラスライン(笑)!」

という作品を愛してくださったこと。

私が、”私のことを知らない石巻の方々の前で演じて果たして

喜んで頂けるのか”と不安がっていたところに

東京公演の映像を見て、「老若男女にきっと楽しんでもらえると思う」

と太鼓判を押してくださった。

三國先生率いる「うたたね.」や四十さんの作品も心から愛し、

まるでわが子のように関わり、それでいて楽しんでくれる。
だから携わる皆さんから愛されるのだと思う。

石巻にこんな風に演劇を、アーティストを愛してくださる方が

いるってなんて素敵なんだ。

まだ40前というのに「腰が痛い、あそこが痛い」と

時々呟いておられるけれど、どうか健康で長生きしてほしい。

龍汰さんは外にもご自身のお仕事のひとつである

石巻コンシェルジュのyoutubeチャンネルを新設、

行政発のマジメな内容かと思いきや、

「デカ盛りメニューを食べつくせ!5階建てハンバーガー!?(笑)

他にもいろんな角度から石巻を楽しく知ることができるので、ぜひ!

fea261c1cc41f1dbe46f73b5e0fb63a4.jpeg
5d21317bac40984b06caff295781df8b.jpg

​三國裕子さん