5d21317bac40984b06caff295781df8b.jpg

今回「R」として一緒に出演させて頂いた劇団「うたたね.」
(うたたねどっと)女優・演出家の三國裕子さん。
とにかく人間愛と演劇愛と猫愛に溢れ、

これまでの功績に奢ることなく、若輩者の私にも丁寧に

接してくださって、年下の役者や演出家とも積極的に

作品づくりを続けられる、これってスゴいことだと思う。

しかも酔ったらますます楽しくお喋りもハギレ良くて

打ち上げでもいっぱい笑わせて頂いた。

 

そんな裕子さんは、昭和40年代に芝居の世界に入り、

若いころは東京で柄本明さんや風間杜夫さんと共演したり、

つかこうへい作品に出演されていたという。
その後も研鑽を積まれNYにも2度演劇留学を果たし、

演劇の奥深さを学ぶ。このまま東京でご活躍かと思いきや

故郷の石巻に帰られるのである。

 

「芝居は都会だけのものではない」と石巻でパブを

経営しながら旗揚げの準備。

そして平成5年に一人芝居「うたたね」を立ち上げる。

「夢見心地のふんわりしたとしたような気持ち良い空間を

つくり出してみたい」から「うたたね」と名付けられたという。

なんて裕子さんらしい、素敵なネーミングなんだ。

と書きつつも補足。裕子さんご自身は「夢見心地のふんわり」

とは別の顔を持ち、現実をしっかりと見据えた情熱的な

お芝居をされ、沢山のスタッフさんを束ね率いてゆく

パワーの持ち主だ。

IMG_0877.jpg

今回の石巻演劇祭のオープニングイベントに参加した際

石巻の演劇史なるポスターが貼ってあったのだが

そこには「役者・演出家 三國裕子」の名前がずらり。

それだけ沢山の作品を石巻の方々に届けてこられてきた。

また子どもたちに夢を持って欲しいとの思いで

演劇を教える立場でもいらっしゃる。

つまりは石巻の演劇は三國裕子さん無しには語れない。

それは石巻市から表彰されるわけである。

▶ コロナ過ならではの作品に挑戦!

そんな裕子さんに昨年はどんな風に過ごされていたのか

お聞きしてみた。東京とは感染者の違いはあったものの

その緊張感は石巻でも変わらず、最初の緊急事態は

ほとんど家を出ない暮らしをされていたという。

裕子さんにはご家族がいらして多くの演劇人が

そうであるようにご家庭の仕事もある。

裕子さんには演出家のご主人とお年を召したご家族もおられ

色々と気遣うことも多かったという。

「ようやく震災から10年を迎えるって時にこんなことが、ねえ」

と開口一番こぼれたこの言葉が印象的だった。

 

震災とコロナはもちろん違う。

 

しかし、生活が制限され命が脅かされ、コミュニケーションも

取りづらく役者にとっては“生活”である「芝居」が

できなくなるという点では様々な困難を乗り越えてきた

裕子さんにとっても厳しい現実であったのでは

ないだろうか。

66BEFED2-23C9-4C91-A4D6-622330F559A9.jpg

懐かしい初めてお会いしたのは2019年の初秋

それから数か月が経って、芝居のレッスン等できない中で

教え子たちから「三國先生、何かやってもらえませんか?」

と連絡が。そこで裕子さんは考えた。小さな物語を書いて

パペットを手作りして人形劇を撮影。それに音楽家の方が

マンドリンで音楽をつけてくださって素敵な作品が誕生する。

それを生徒の皆さんにLINEで送ったりされたそうだ。

この時期、アーティストは誰もがお互い離れていても

一緒に作品を創る術を模索したが、ここでも温かい作品が

生まれていた。

2f1f145d90f3615c103e271ad26882b8.jpeg

ほどなくして、先ほどご紹介した龍太さんから「ピーピングトム」

出演のオファーが届く。裕子さんは快諾した。タイトルは「忌」。

震災後の老夫婦の物語で妻が夫の誕生日を

ささやかに祝う一日を描く、というストーリー。

S__63094788.jpg

数々の一人芝居や舞台を経験してきた裕子さんでも

さすがに1対1の”覗き見”舞台への出演は初めてだという。

「なんかね、今まで感じたことのない緊張感だった。

たった一人に見られてるいうだけじゃなくて、

しかも4センチの穴から見られているっていうのがね、

ふつうは上手から下手までずらっとお客様が並んで

その席が何列もあって見られてるわけじゃない?」

 

ううう、演じてみたい。改めて想像してもまたもや

ゾクゾクするのは私だけ? 

この体験は改めて観客だけでなく演者にとっても貴重だ。

ソーシャルディスタンスを精神的にぶっこわしていく試み。

アヴァンギャルド!

 

そしてこの上演で、龍汰さんは「のぞき見の兄ちゃん」

なる称号を授かったらしい(笑)

西日本新聞:記事

▶ 仙台で「咆哮」の再演が実現!

IMG_1179.jpg

​こちらは”いしのまき演劇祭”での様子

こうしてベテラン女優の裕子さんが初めての体験を

されたその数ヶ月後、一昨年のいしのまき演劇祭で上演した

「咆哮」の再演を果たすことになる。

「仙台舞台芸術フォーラム」(東日本大震災後の舞台芸術に

焦点を当て、2019年度から3ヵ年にわたり開催する

プロジェクト)が2021年の1月~3月、仙台・石巻

そして福島で発表された作品の再演およびトークを開催。

 

昨年の上演を見た関係者の方から上演をオファー

されていたのだ。会場は仙台の演劇文化の中心地

「せんだい演劇工房10-BOX」。

f34e810fd6f257352682cbce0cc08557.jpg

行われたのは2021年2月7日。

オンライン生配信にて全国にも届けられた。

そこで集まった売上金はすべて

震災伝承団体である3.11みらいサポートさんに

寄付されたという。

河北新報の記事には本公演について

「震災から10年。「伝承演劇」という呼び方が

生まれた日となった」とし、キャストの渾身の演技の

模様がレポートされ「仙台のお客様ひとりひとりに

”何か”が伝わった」と締めくくられていた。

そう本作は受け継いで伝えられてゆくべき作品なのだと思う。

▼石巻かほくさんによる本公演に関しての掲載記事はこちら

https://kahoku.news/articles/20210220khn000045.html


裕子さんは「仙台に進出できたことが本当に嬉しかった。」

と仰っていた。個人的には東京でも上演した頂きたいな。

2f29a2d82a3bf4d5d278738affbee220.jpg

「仙台公演 中央は夫であり本作の脚本を書かれた文明さん」

▶ 裕子さんの愛情深さに触れられて

このようにこの1年近くの間で裕子さんは様々な演劇に

チャレンジされている。ご高齢のご家族もおられる中で

どれだけ気をつけていても感染リスクがないとは言えない。

それでもこうして様々な世代の方と混じって、

新たな試みに挑戦される姿は、月並みだけど

演劇への愛なのだなあと。

役者としての”性”なのだなあと。

 

そして若輩者の私が想像できないような

裕子さんのただならぬ想いがきっとあるのだと思う。

 

そんなご自身の大変な中にも、私の舞台のオンライン配信が

あるとご覧くださったり

FBに投稿すると励ましのコメントを入れてくださったり、

その温かな人間性に何度も勇気づけられた。

この場を借りて、裕子さん、ありがとうございます。

a4be5bfb0b3a58352e5e26bb792b5c3f.jpg

そして、映像でも皆さんに伝わったかと思うが

うたたね.のキャスト・スタッフの皆さん

あったかくて楽しくて最高です!

a6aae13eb4f8b68a1d8d5b6dd2ec7b06.jpg

小林四十さん