今回、同じく東京から演劇祭に参加した

小林四十(よんじゅう)さんは石巻渡波ご出身。

一人芝居の時だけ四十さんというお名前で

ふだんは小林大介さんという名前で活動されている。

四十さんには昨年4月頃、お元気かしらとLINEしてみた。

a6aae13eb4f8b68a1d8d5b6dd2ec7b06.jpg

いしのまき演劇祭のポスター

四十さんは役者活動と並行して介護のお仕事を

されているので、さぞかし大変なのではと心配だった。

お聞きすると実際の現場自体は大きな変化があることはなく

日々の仕事を粛々と全うされているとのこと。ほっ。

 

しかし、患者さんが高齢なので自分が感染して

移してしまわないかというプレッシャーは

常々あるとおっしゃっていた。

 

先日、約8ヶ月ぶりに、今度はお電話してみた。

お声を聞くと少しの懐かしさと親戚のお兄さんと

話せたような不思議な安心感。

 

現在の四十さんは、コロナになっても特に大きな

変わりはなく介護の仕事を続けていて

「感染させちゃいけないという気持ちは相変わらずある。

ただ、万全の対策はしているが以前ほどの緊張感は

薄れたかも」とおっしゃっていた。

 

そりゃそうだ。むしろあの3月、4月に味わった

緊張感が続いてたら心もカラダも持たない。

私だったら家で呑んだくれてあっという間にアル中一直線だ。

▶ 四十さんの新たな挑戦

IMG_6309_5.jpg

四十さんのyoutube

そんな中、四十さんは昨年から新たなチャレンジをされた。

まずはyoutubeチャンネルを立ち上げ、

そこには一人芝居などの作品などが並ぶ。

と同時期にTwitterで毎日短い動画をアップ。

四十さんは2020年6月24日から毎日私たちに語りかけてる。

いやいや、毎日って大変ですよほんとに。

 

四十さんがご自身に課したルールは3つ。

1.人を傷つけるような事はツイートしない

2.エンターテイメント性は気にしない(続かなくなるから)

3.カッコつけない(余計カッコ悪いから)

(四十さんのtwitterより)

 

1分足らずの動画なのだが、その言葉どおり

カッコつけた四十さんは出て来ないし

エンタメ感は、、ない(笑)

 

でもその日常感が心地いい。

こういう男性は多少すっぴんでも、

髪の毛コテで巻いたりしてなくても

マスカラばっちりおめめで

上目づかいで喋らなくたって

それでも可愛いって言ってくれるんじゃないか。

違うのだろうか。

意外とそれとこれとは別だったりするのか。

いかん、私の脳内ひとりごとが漏れてしまった。

話を元に戻そう。

IMG_6310_5.jpg

中には映画の話や思わず笑ってしまうもの

へええと思えるものもある。

時折ジーンとくるのもあって、ある回には

「悲しい時は逃げていい。」と語っていらして

この言葉はなんだか心に沁みた。

悲しいことがあると踏ん張ろうとするし、

大人なんだから向き合わなきゃって思ったりするけど、

でも時には逃げてもいいよね。

逃げてもどうせ追っかけてくるんだもの。

悲しみの風に真っ向から立ち向かわずとも

去って行くまで背中で受け止めて流してもいい。

 

小林四十さんYouTube

https://www.youtube.com/channel/UCzFAeLqt-3o12wmYQuULECw 

 

Twitter

https://twitter.com/IIqugKb3JkA5tfo

そして!

四十さんは今年4月にひとり芝居を上演されるという。

011d37dd68caf55d5168c7c5fca254b7.jpg

小林四十の一人芝居

『家族とコロナと』

2021.4/23(金)、24(土) @池袋シアターグリーン

コロナと共に暮らす。小林四十が思う、これが本当の「WITHコロナ」

チケットの予約、お問い合わせ

kobayashi.yonju@gmail.com

 

その時にTwitterやyoutubeを見てくれた新しいお客さんが

見に来てくれたらいいなと話してくださった。

私も、もちろん行きますよ、四十さん。

それにしても毎日、はやっぱりすごい。尊敬です。

6f564c80799ad91940691148245b07a3.jpg

ひとり芝居チームと龍汰さん

d27f1b246378029fb5961e920a834248.jpg

​珈琲工房いしかわさん