ひとりコーラスライン.jpg
1530004404_orig.png


【イントロダクション】

少女の頃、「ウェストサイドストーリー」や

「コーラスライン」が大好きでした。
少し大人になると、

面白い劇団ばかりに見に行ってました。

もっと大人になると、「コーラスライン」って

ひとりで出来るんじゃないかって

無謀な考えが浮かびました。
その10年後、本当にやろうと思ってしまいました。

どう考えても少女の頃が一番、大人です。

とはいえ、あの「コーラスライン」を

そのまま一人で演じるのではありません。

無理ムリ(笑)!

時代を現代におきかえ、ワタクシ独自の解釈で、

ひたむきに自分が自分でいられる瞬間を

追い求める人たちを描いてみたいと思ったのです。

私に夢と希望を与えてくれた

あの不朽のミュージカルへの

最大限のリスペクトと共に。

圧巻のダンスや歌唱…はございません。

どうか美味しい酒おや料理を召し上がりながら、
お気軽に、温かい目でご覧いただけましたら幸いです。



【ストーリー】

有名演出家、作田修一郎は不朽のミュージカル

『コーラスライン』にインスパイアされた

『コーラスライン(笑)!』上演のため、

プロ・アマ問わずの”端役”出演者を募集。

「演技やダンスの上手な人間の芝居はもう見飽きた。

巧いだけならAIでも踊れる。

ダンスや演技は下手でも”個性”さえあればいい。」

それを聞きつけた様々な人々が

大劇場のステージに憧れて

オーディションに駆けつけた。

そんな中、

かつて作田が新人の頃に恋人だった

落ち目の女優が現れ…。


【スタッフ】 

選曲・音響:グルーヴあんちゃん

音楽:きだしゅんすけ

振付:庭野章子

宣伝美術:太田千春(ミルプランタン)

フライヤー撮影:道下洋明

舞台監督:久住幸子

当日アシスタント:本間美彩  森田華

製作:mic 野島健介

【協力】

(株)アイオーン

(株)オフィスクレッシェンド

堤幸彦
テアトロジャージャン 

世界のオモニ 

Benchmark
(株)リノベーションプランニング